FC2ブログ

オペラ歌手江口二美(えぐちつぐみ)の日々のいろいろ

プロフィール

tsuguminae

Author:tsuguminae
ご訪問ありがとうございます。東京在住のオペラ歌手・声楽家の江口二美(えぐちつぐみ)です。
15年分のブログを引き連れてお引越しすることが出来
ず、2021年4月からこちらで新しくスタートしています。2021年3月までのブログは「旧」に残しています。
http://tsugumi-e.jugem.jp/

人気ブログランキング

クラシック部門のランキングです
0 コメント

カルメンとわたし



↑の写真は2005年のもの。ミカエラ役を受験して、色々あってカルメン役になった人生初のカルメン役。【日立野外オペラ】でした。演出は中津邦仁氏、指揮は山上純司氏。


その初めて『カルメン役』が2005年なので、20年に渡って様々なプロダクションで歌わせていただいている計算になります。色んな共演者、指揮者、演出家と舞台をつくってきて、カルメン役についてずっと考えています。我流でどうにかせねばならなかった公演もありますが、指揮者や演出家がきちんとプランを提示してくださり、何度も稽古してくれる環境が多くあったことは、オペラ歌手としてとにかく有難く幸せなことだと改めて思います。


もちろんミカエラ役や、フラスキータ役も度々あるし、それを考えると『カルメン』という作品にかなり多く関わっていることになります。客席で観る側も多いし、日本で上演されることが多い作品なわけです。


20年目は3月3日に富士宮市民オペラ(日本語訳詞上演、字幕付き)、7月21日は稲城市民オペラ(フランス語上演、字幕付き)にてカルメン役で出演出来るのはとても嬉しいことです。しかも「市民オペラ」という特別な盛り上がりの中で出来るのが嬉しいです。
どちらも演出家は馬場紀碧さんで、ホセ役は望月光貴さんが重なり(他は全て違う形態)ます。じっくり腰を据えてつくっていけるのがとても良い。


今日もがっつり稽古ですが、演出家も指揮者も絶対あきらめずに何度も「そうじゃない、こうしたい」を言ってくださるのが有り難くて楽しい。すぐ出来ない、うまく出来ないで悩ましく苦しいことの連続ですが、胃も頭も痛いんですけど笑、これがないと舞台じゃない!わたしは幸せ者だと実感しています。


さ、準備しよ。





↓人気ブログランキング参加中です↓

クラシックランキング

コメント

非公開コメント