FC2ブログ

オペラ歌手江口二美(えぐちつぐみ)の日々のいろいろ

プロフィール

tsuguminae

Author:tsuguminae
ご訪問ありがとうございます。東京在住のオペラ歌手・声楽家の江口二美(えぐちつぐみ)です。
15年分のブログを引き連れてお引越しすることが出来
ず、2021年4月からこちらで新しくスタートしています。2021年3月までのブログは「旧」に残しています。
http://tsugumi-e.jugem.jp/

人気ブログランキング

クラシック部門のランキングです
0 コメント

慰労会



もう2週間ほど前のことですが、すれ違い生活の「こうもり」「ラ・ボエーム」中の夫と「カルメン」中のわたしが、揃って休みが取れた日のお出かけ。色々なことの慰労会でした。


東京會舘本館の一階にあるグリルロッシニへ。
https://www.kaikan.co.jp/restaurant/rossini/


東京會舘クッキングスクールは半年ごとに受講申し込みを更新するのですが、継続で更新すると特典があって、最近は上記レストランのサービス料オフチケットも加わりました。迷わずにコレもチョイスし、それを利用。


コースの中でいくつか選択肢がある場合、どれを食べるかは本人の自由だし、ぐっとこらえて黙っていましたが、「絶対に食べて欲しい!」と思っていた東京會舘伝統のお味、ダブルコンソメスープと舌平目の洋酒蒸ボンファムを選んでくれました。よしよし、いいぞ!とニンマリ。
さらに、なんという美味しさだ!とうなっていたので、ますますニンマリ。わたしが作ったわけでもないのに誇らしい気持ちになりました笑


スクールで習ったものは基本体に全て復習していますが、ダブルコンソメのまえのコンソメスープとボンファムは復習していません。あまりの手間ひまに怖気付いてやろうとも思っていません。そのくらい手数が多く、それぞれに難しいコツがあり、これこそがお店で味わう価値のあるものではと思っているからでもあります。


この澄んだスープの濃厚なお味は価値ある一皿。東京會舘では三日かけて出来上がるらしいです。
舌平目の洋酒蒸も、一人で出来るものではない手間ひまで、お店でいただくのが正解ではないでしょうか。




クッキングスクールに通っての大きな収穫は、フレンチがお高くても当然!と思えるようになったこと。価値を見出せた事です。
たとえばスプーンひと匙のソースを作るのにどれだけの手数があってのことか体感したからです。煮詰める手法なので(ざっくりした言い方ですみません)、煮詰めてお味が凝縮され濃度がつくまで、みるみる減っていく分量にいまでも衝撃です。でもそのひと匙にどれだけのお料理への情熱が込められているかを知ったからです。フランス料理とはそういうものなんだと4年間で身に染みました。
うちでは、甘海老を身も使ってアメリケーヌソースをよく作るようになりましたが、これだけしかないの?と夫に言われます。悲しいので、全工程を夫のいる時にやって、途中を手伝ってもらって、、、と体感してもらったら、2度と「これしかないの?」とは言わなくなりました笑 かっこんで食べず、味わってくれるようにもなりました。しめしめ。


さて、いまからスクールです。







↓人気ブログランキング参加中です↓

クラシックランキング

コメント

非公開コメント