FC2ブログ

オペラ歌手江口二美(えぐちつぐみ)の日々のいろいろ

プロフィール

tsuguminae

Author:tsuguminae
ご訪問ありがとうございます。東京在住のオペラ歌手・声楽家の江口二美(えぐちつぐみ)です。
15年分のブログを引き連れてお引越しすることが出来
ず、2021年4月からこちらで新しくスタートしています。2021年3月までのブログは「旧」に残しています。
http://tsugumi-e.jugem.jp/

人気ブログランキング

クラシック部門のランキングです
0 コメント

より深く

自分が持つ役のイメージを現場に持ち込み、頑なに変えない歌手も見かけますが、わたしは全体を観て作品を表現する演出家の言うことを理解して演じたい。それが仕事だとも思っています。
演出家が違えば違う表現になっていくもの。でもやるのは「私」なので「私」のカラーはどうしても残りますが…公演ごとに演出家×私で「役」が出来上がっていくのが面白いです。何をやっても「江口二美」と見えるのは好まず、「江口二美の○○役」となるのが理想です。


今回、馬場さんとは何度目かの『カルメン』。馬場さんカルメンの基本演出はベースにありますが、当然ながらその中身はどんどん濃く、より深い部分で話していただけ、とてもやり甲斐がありました。
前回カルメンから今日までの数年で、私自身も様々な役柄や環境で経験値を増やして歌手として肥えているはずですが、馬場さんの勉強量や変化には到底敵わないと思わされ、応えるのに必死でした。「あぁ、オペラの稽古してる~!!」とワクワクする充実感。同時にカルメン役の難しさをより感じて悩ましい日々も過ごしました。


具体的なことは、私の得た財産なので書きませんが笑
いくつかだけ簡単に書くと、、、
1幕のセギディーリャは新しかった!悩まず腑に落ちました。ロープの扱いがテクニカルとして難易度があがりましたが、どうにかするぞと燃えました。




2幕「花の歌」の後も、なるほどそうよね!と納得。体力的にハードになりましたけど笑




3幕はカルタのシーンが新鮮だった。腑に落ちてるのに表現として難しく最後まで悩みました。稽古場で理解しようとしている自分の必死さに苦笑いしてしまいます↓




4幕 エスカミーリョとの小さなデュエットも、ホセとの対峙も、気持ちの持ち様が新しかった。




他にもたくさんあるのですが、すべて「おおお!なるほど!!!そうよね、そうよね!!!」と思うもの。以前の私なら分からなくても今の私だから分かることも沢山あるんだと思います。どこまでこれらがお客様に伝わったかは分かりませんが、こうして諦めずに積み重ねて演じていく事が役をより会得することなのだと思います。そうすれば何かが客席伝わるのだと信じたい。
幸いにも7月には稲城市民オペラ『カルメン』で再び馬場さん演出に鍛えられますので有難いこと。そこではまた稲城市民オペラの皆様と化学変化を起こしながら稲城カルメンが出来上がるのでしょう。


一期一会。2度と全てが同じ条件で繰り返せないのがオペラ(生演奏)。富士宮カルメンで皆さんとガッツリと稽古出来た時間が財産です。



↓人気ブログランキング参加中です↓

クラシックランキング

コメント

非公開コメント