FC2ブログ

オペラ歌手江口二美(えぐちつぐみ)の日々のいろいろ

プロフィール

tsuguminae

Author:tsuguminae
ご訪問ありがとうございます。東京在住のオペラ歌手・声楽家の江口二美(えぐちつぐみ)です。
15年分のブログを引き連れてお引越しすることが出来
ず、2021年4月からこちらで新しくスタートしています。2021年3月までのブログは「旧」に残しています。
http://tsugumi-e.jugem.jp/

人気ブログランキング

クラシック部門のランキングです
0 コメント

カルメン役の大変な面


うってかわって、快晴の朝。昨夜狛江駅前に出店していた和菓子を朝ごはんに。あぁ、道明寺の桜餅はなんでこんなに美味しいのか。
コマラジが聴取くださったみなさま、ありがとうございました。



カルメン話に戻りまして。
先日のカルメン役はやりがいもあって、この作品でこの役をやるというとお客様が喜んでくださる素晴らしい役です。やればやるほど得るものも多い。それはもうじゅうぶんなほど伝わっていると思うので、大変なことを少し。


まず歌いっぱなしなので、声や体力の管理に気が張ります。歌いっぱなしの役ということは、稽古も歌いっぱなしということになるので、稽古が始まって終演するまで数ヶ月、必死の管理。稽古の休憩も次のシーンの準備に脳が働いてあまり休めませんし、気力も充実していないとつとまらないとつくづく思います。(蝶々さんや、椿姫のヴィオレッタ、その他タイトルロールやごりごりの主役は全てそうです)
ずいぶん前に「主役以外の人がしっかりする事で主役が生き、作品が出来上がるから、主役なんて突っ立ってボケっと歌うだけでいいからあなたは楽だね」と私に言ってきた人がいるんですけど。そういう側面もありますから全否定はしません。才能ある新人さんを主役において、それ以外をベテランで固め経験として育てながら作品として成り立たせていく!というのには大賛成なので。でも「突っ立ってボケっと歌うだけ」ではないです。「楽」ってこともありませんよ。
主役に何が必要だと私が思っているかはあえて書きませんけれど、まぁ、これが一番大変な事かもしれません。


そう、歌いっぱなしの役は幕があがると息つく間もないマラソンのような状態になるんですけど、着替えが多い事もあり、ほんとに休めません。
カルメンも幕ごとに着替えがあり、これも大変なことの一つです。今回は衣裳さんが入らなかったので、全て自分で早替えをせねばなりませんでしたから、余計に。
楽屋に戻る時間がないので舞台袖に早替え室を作っていただきました。これが重要、ありがとうございました。黒布で囲み、ライトをつけ、姿見とテーブルを置いてくださっていたので、快適な早替え室でした。


事前に、序曲や間奏曲も含めて次に舞台に出るまで何分あるか理解して、可能なものを用意。身につける順番に並べておきます。この時優先順位もポイントで、もし間に合わない時にはどれを捨てるかも決めておくことになります。その前に脱ぐ順番も間違えないようにシュミレーションしています。演じて駆け込み急ぐと全く冷静に考えられなくなりますから。
今回、3幕でカルタのシーンが終わって駆け込み、ミカエラのアリアと、ホセ&エスカミーリョのデュエットの後にまだ出番があるのに脱いでしまったことは内緒です笑 気づいて慌ててまた着てました。元に戻るのに間に合ってよかったです、ほんと。


自分1人でどう着替えられるか家でも練習しました。髪かざりもあるので、その練習も。
衣裳さん、ヘアメイクさんがいれば、駆け込んでからほぼ人形状態で無心になる時間も出来、本当に時間がない場合は着替えさせてもらいながら水まで飲ませてもらう事もあるんですけれど、そうもいかないわけです。
『ペールの大冒険』という150公演ほど出演している音楽劇でも早替えが重要で、それで鍛えられているなと今回少し思いました。何事も経験値となるんですね。



少し話が逸れますが、今回ジャンプインしたフラスキータの山口ななさんは、ゲネプロと本番の時、着替え室のすぐ外で待機してくれていました。自分で出来るようにしてきたからお手伝いなくていいと伝えてあったにも関わらず、もし何かあればすぐ声が届く位置にいてくれました。別の公演で片岡美里さんや神田さやかさんもそうしてくれていました。着替えが完了して早替え室から出てくるのを確認してその場を離れるという…こういうのが舞台人魂だと思い、励まされる思いでした。
(ジャンプインの話はまた別途)





↓人気ブログランキング参加中です↓

クラシックランキング

コメント

非公開コメント